オルリファスト副作用

オルリファストの副作用徹底検証

オルリファストの効果は

 

食べた食物の「油」30%を排出することで
体内に吸収され内蔵脂肪、皮下脂肪にへの脂分の蓄積を阻害します。

 

オルリファストの副作用というのは
油分を体外に排出する際にでる症状のことなんですが

 

私が最初に出た症状は

 

お腹の張り

 

膨満感

 

この2つです。内容は同じですけど
オルリファストを服用してみればこわかると思います。

 

で、次の段階で

 

下痢のような症状(軟便)になる

 

トイレに頻繁行きたくなる

 

この症状を通過すると便に油が混じったり、おならとともに油が下から出てきます。
その油はまるで「ラー油」のような色をしてるんです。
これはオルリファストの個人輸入代行業者、オオサカ堂の商品レビューページで
多くの人が口を揃えて言ってますね。

 

ただ、副作用とはいっても体に大きな害があるわけではなく
精神的な軽い苦痛(トイレ回数が増えたりお腹がグルグルするから)なので
それに勝る効果のほうが大きいと言えますよ。

 

少なくとも私の場合はそうでした。

 

 

オルリファストの効果と副作用の詳細はこちらで確認できます。^^

 

 

ダイエット薬オルリファストとは?